バンシュウスタイル  
其ノ六
 

TOMATOとWEBで繋がった人たちで"Off In Trail!"。

参加者はかまきりの父さん、すみさん、NOPさん、ハブの天敵さん、と僕の五人。T1さんとD本さんも参加の予定だったのだが、お仕事の都合のようで参加されなかった。残念。

すみさんとNOPさんはココのトレイルは初めて。
NOPさんは初めてのトレイルにも関わらずガンガン攻めてくる。僕が今回は先頭をつとめたが、なかなか良いペースで後ろから迫ってきた。

途中、雪がやたらと降ってきて前が真っ白。それでも、寒さを忘れるくらいに楽しんでいるのでそのまま突っ走る。

すみさんが岩場の急登坂で転倒。トレイルを走行する上では付物の出来事。僕も何度となく転倒した箇所だ。大事にはいたらなくてよかった。
かまきりの父さんも今回は何度か落ちたらしい。先頭を走っていたので瞬間には立ち会っていないが、怪我はないようだった。

今日は天気の都合だろうか、ハイカーの方に出会わなかったが、トレイルで最優先されるのはハイカーの方々。トレイルでハイカーの人に出会ったら挨拶、手前で停車して自転車を押す。
ブラインドコーナーは必要以上にスピードを上げない。が、基本。

 
地球(ほし)とたわむれる
電波放出中(ハブ天)
なぜに押し担ぎしか写っていないのだ!?
 
はっ!こんなところにもコメントが!  

僕とハブの天敵さんはこの後、東尾根へ向かい走ることにした。いつもより下りでの調子がいい。

途中、HIさんが製作中の丸太を発見するが、一体なにを作っているのか検討がつかなかった。
最後の階段下りはブレーキを急激にかけることもなく下れた。
ロードも良いが、やっぱりトレイルを走るのって最高!

撮影中はお静かに。    
ブツブツブツ・・・・・・    
このときはそんなことになるなんて思いもしなかったのです。    
な〜んて。    
  PRESENTED BY D−NIGHTS BACK